人生初めてのレイングッズデビュー

結婚するまでは郊外に住んでいたので車は毎日の生活に必須でした。仕事はもちろん買い物にも移動は全て車で、歩くのはせいぜい駐車場からドアまでの間くらい。雨の日に傘をささずに移動してもほとんど濡れる事はありません。結婚を機に在宅の仕事に転職し都内に引っ越してきた後も、雨の日に出かけるのが好きではない私はよほどの事がない限り雨の日の外出はしませんでしたが、交通機関が発達しているため車を処分したので、さすがに雨の日を避けてはいられなくなりました。

仕方なく雨の日に出かけていてふと気づくと、道行く人はみんなレインブーツを履いて、素適な傘をさしています。今となっては考えられない事ですが、車に頼りきりの生活だった私はレインブーツを買う事はおろか傘もコンビニのビニール傘で済ませてきて、ちゃんとしたレイングッズなど持っていませんでした。

気づいてしまうと急に、自分が普通のスニーカーにビニール傘で出歩いているのが恥ずかしくなってしまい、慌てて傘とブーツを買い求めました。こうしてやっと人並みの雨の日デビューを果たしましたが、新しい傘と濡れる事を気にせず歩ける靴を手に入れてみると、思わぬ事に雨の日の外出が苦ではなくなったのです。今では特別に用がなくても、涼しい雨の日の空気を楽しむため出歩いたりしています。